PAGE LIST

ただ介護するだけじゃない

ホームヘルパー1級の資格を取得して、3年以上の実務経験を積むことで介護福祉士の国家試験を受けるための受験資格を得ることができます。
何といっても介護福祉士は国家資格ですし、ケアプランも自分で作成することが出来て仕事の幅も広がるでしょう。
ホームヘルパーから数えるとかなりの年数が掛かりますが、介護の世界で働いていこうと思うならば目指してみたい医療の資格です。
さてこの介護福祉士とはホームヘルパーと何が違うのでしょう。
まず、先ほど書いたとおりケアプランを自分で作成することが出来ます。
またホームヘルパーより介護の専門的な知識を身に付けているので介護する家族やホームヘルパーの指導にあたることもあります。
ホームヘルパーが単独で行えるサービスは訪問介護だけですが、介護福祉士の資格を取得すれば仕事の幅も広がります。
また介護福祉士は介護を必要とする方の「日常生活のQOLを高める」ということも考えなくてはなりません。
QOLとは「Quality Of Life」の略です。
お腹がすいたから食事を出す、汗をかいたようだから着替えを手伝うという漠然とした介護を行うのではなく、介護される人が楽しく日常生活を送ることができるようにその人にあったケアプランを立てていかなくてはいけないのです。
体が思うように動かない方のケアプランを考えるということは介護される人とその家族の人生を預かることと同じです。
介護福祉士は介護を利用する人のQOLを向上させるように努めなくてはなりません。

Copyright (C)2018目指せ医療業界☆どんな資格があるんだろう?.All rights reserved.