PAGE LIST

試験不要の資格がある

介護の仕事をするために必要な医療の資格でも、未経験の方が比較的取得しやすいものはホームヘルパーではないでしょうか。
みなさんもよく耳にする資格だと思います。
ホームヘルパーの資格には2級と1級のふたつがあります。
取得しやすい資格と言っても、2級のホームヘルパーの資格を取得するだけでも養成講座を受講して、トータルで130時間の講習、演習、実習もこなさなくてはいけません。
しかし、この130時間をクリアしてしまえばホームヘルパーとしての知識は十分にありますと認められ、修了証が発行されます。
ということは試験なしで、資格を取得できるのです。
試験をうけないといけないから資格を取るのをためらったことがある方なら、時間が掛かって大変ですが、日々の努力で取得できるホームヘルパーの資格は魅力的ではないですか。
ちなみにホームヘルパー1級を取得するには2級の資格を持っていることが最低条件です。
その上で実務経験1年以上、講習は230時間受講しないといけません。
さらに時間がかかりますし、2級よりぐっとハードルが上がってしまいますが、介護の仕事を続けていこうと思うならば1級にもチャレンジしましょう。
そして今更当然のことと思いますが、ホームヘルパーとは介護の仕事ですから、実務には日常生活の介助や入浴の介助など力のいる仕事もたくさんあります。
介護するための知識だけでなく、かなりの体力もこの資格では必要になってきますよ。

Copyright (C)2018目指せ医療業界☆どんな資格があるんだろう?.All rights reserved.