PAGE LIST

今はコンピュータの時代

世の中にたくさんある医療の資格ですが、もっと自分に技術をつけたい、スキルアップをしたいという場合には医事コンピュータ技能検定をお薦めします。
実はこの資格、単独で取得してもあまり意味がないのです。
というより単独で取得するほうが難しい資格です。
なぜなら医事コンピュータとは病院でカルテを作成したり、レセプトを作成したりするコンピュータのことですから、医療事務の知識がないと医事コンピュータはそもそも扱うことができないでしょう。
レセプトを作成する知識があっても、現在はコンピュータ化が進んでレセプトもオンラインで提出するようになっていますのでやはり医事コンピュータの知識が必要になってきます。
そんな中で医療事務のスキルアップとして医事コンピュータ技能検定にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ただ、気を付けていただきたいのは医事コンピュータ技能検定で使用した医事コンピュータをすべての病院で使用しているのではないということです。
例えば、同じ電化製品でもメーカーによって仕様が違うように、医事コンピュータを作っているメーカーごとに入力方法や仕様に差があるのです。
しかし、入力する内容は医療事務で学んだことですから、医療事務の基本が分かっているなら入力方法の差はたいした問題にならないでしょう。
私は医事コンピュータの入力も問題なく行えます。
と自信をもって言えるように医事コンピュータ技能検定にもチャレンジしてみてください。

Copyright (C)2018目指せ医療業界☆どんな資格があるんだろう?.All rights reserved.