PAGE LIST

医療秘書ってどんな資格?

医療事務より少し聞き慣れないかもしれませんが、医療秘書技能検定というものがあります。
この資格は級に別れていて、級が上がるほど難易度が上がっていきます。
医療秘書技能検定を受けるなら2級くらいまでは取得しておきましょう。
医療の資格を目指す方なら聞いたことがあるかもしれませんが、私がこの検定を受検した際には、周りのほとんどの人が医療事務と勘違いしていました。
一般への認知度は少し低いのかもしれません。
だからと言って簡単な資格ではありません。
医療事務の知識に加えて秘書としての能力も問われる資格です。
配属される科によって仕事は様々ですが、院長秘書や医局秘書、看護部長秘書や病棟クラークと呼ばれる仕事を行います。
具体的にはスケジュール管理を行う、文書の作成、ファイルの整理などが主な仕事です。
ですから、パソコンのスキルも必要になってくるでしょう。
しかしながらこの医療秘書技能検定に合格して資格をとっても仕事がなかなか見つかりません。
医療秘書募集というものを見つけるのが難しいのです。
受検した方に伺ってみても、すでに病院で秘書として働いていてスキルアップのために医療秘書技能検定を受検するという方もいらっしゃいました。
では医療秘書技能検定は受検してもあまり意味がないかというと、そうではありません。
医療秘書は医療事務の知識も持っていないと資格を取得できないのです。
ただ、医療秘書募集という求人が少ないだけなのです。
医療秘書の資格を持っていれば当然医療事務も行うことが出来るのです。
医療秘書を目指す時だけでなく医療事務を目指す場合でも十分に活用できる資格です。

Copyright (C)2018目指せ医療業界☆どんな資格があるんだろう?.All rights reserved.