PAGE LIST

資格がなくても大丈夫?

医療の現場で働きたいと考えたときにおそらく一番有名な医療の資格は医療事務でしょう。
でも実際に医療事務とはどんなことをするかご存知ですか?
私たち患者に見えるのは受付作業や会計作業などの事務作業。
患者への対応くらいなので、資格をとらなくても誰でも出来るのではないかと思ってしまいそうです。
しかし実際には診療報酬請求といわれるとても大切な仕事があります。
あなたが病院に行ったときに会計で支払うのは通常治療費の3割だということはご存知だと思います。
病院で支払っていない残りの7割は、あなたの持っている保険証を発行した機関である保険者が支払います。
その7割分を保険者に支払ってもらうための請求書が診療報酬請求書なのです。
一般的にはレセプトと呼ばれているものです。
このレセプトを作成するためには治療内容の知識や保険の知識など専門的な内容が必要になります。
医療事務の資格を取得する際にはレセプト作成能力が問われます。
ということは医療事務の資格を持っている人はレセプトを作成する技術があるということです。
医療事務の資格は民間資格だから資格はなくても医療事務の仕事ができるといっても、このレセプト作成ができなくてはお話になりません。
働きながら覚えれば大丈夫と考えるかもしれませんが、実際に医療事務の資格がある人とない人が面接に来たとき、どちらの人を病院が雇いたいと考えるか想像してください。
当然即戦力となる有資格者の方が安心して雇えますね。

Copyright (C)2018目指せ医療業界☆どんな資格があるんだろう?.All rights reserved.